累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
ASHIKOKI_BLOG あかね色に染まる坂・片桐優姫の恋色 足コキ感想
無料
エロ
動画

ASHIKOKI_BLOG

管理人の一言:ゲリラ豪雨で地元の祭りが中止に・・・・(T_T)

あかね色に染まる坂・片桐優姫の恋色 足コキ感想

◆作品名 あかね色に染まる坂・片桐優姫の恋色
◆メーカー キルタイムコミュニケーション
◆発売日 2009年2月28日
◆元ネタ あかね色に染まる坂 <feng>
◆足コキ総合満足度 ★★★★
◆作品紹介




学園に転校してきた片桐財閥のお嬢様で許嫁でもあった優姫と最悪の出会い方をしてしまった長瀬準一。そんな犬猿の仲とも言える二人が互いに惹かれ合い、本当の許嫁となってから数ヶ月後―。三年生に進級した準一と優姫は仲間たちと共に学園祭を成功に導き、充実した日々を送るのだが…。またしても起こるドラマティックな試練に二人は打ち勝つことが出来るのか。




web拍手 by FC2




◆Pーキタロウさんによる足コキシーン抜粋と感想

 今回の始まりは本編に関わるので何故なったかは伏せておくとして優姫が記憶喪失(準一の事だけ)になって優姫に思い出してもらう為にデートをする所から始まります。

 デートの内容は、準一が電器店で18禁ゲームを買う→本屋→(優姫激怒で帰ろうとする)準一に対してだけ記憶がないのをいいことに言葉巧みに騙しラブホに行きます(以前のデートで通りがかっただけでラブホはに入るのは初めてです)。

 ここで第2章の優姫のオナニーの話(準一は覗いてました。詳細は略)や記憶を失う前はほとんど毎日セックスしていたから禁欲でオナニーしていたんだろうなど準一が諭し、口説くような言葉を紡ぎ、肉体接触開始です。

 ここからは優姫を準一が触っていき、ラブホの室内にある異様に充実しているSMグッズを優姫の記憶がないのをいいことに、「じゃあ今から、優姫が一番好きだったプレイをしてあげるよ」と言葉巧みに騙し、革手錠で拘束+革の目隠しを着けてアナルセックスをします。ここ凄く良いのですが割愛します。
 
 一回戦終了後、優姫を騙していたことをサラっと口を滑らせて自白してしまったところから省略しながら書いていこうと思います。
お風呂の準備をしていたんだ。一緒に入らないか?と呑気に言う準一。激しいプレイのせいでぐったりと疲労が残っているが、優姫とセックスできたおかげで心は軽い。

 勿論問題は何一つ解決していないが、御陰で明日から頑張れそうだと思う準一は自らに迫る危機に気づいていなかった。準一は不意に腕を引っ張られて、ベッドに倒れ込んだ。殆ど同時に、その両手首に硬い感触が走る。━ガチャリ。冷たい金属音と共に、両手の自由を完全に奪われ、完全に油断していた彼は、何もできないままベッドに沈んでしまう。

 そして優しい天使のような声が、頭上から「金属製の手錠もあったのね。こっちを使った方が良かったんじゃない、長瀬君?」と言って降ってくる。そこには優姫がとても明るい笑顔を浮かべてベッドに仁王立ちになっていた。但しその手には、革製の鞭が握られている。複数の鞭をひとつに束ねた、一部では「ナインテール」と呼ばれる代物だ。思いっきり叩いても怪我はしないが、勿論非常に痛い。

 静かな口調で、「騙したのね?」と半裸のお姫様は確かめるように呟いた。「は、ははは、騙したなんて人聞きが悪い。それはつまり」「騙したのよね?」「はい」今の優姫は、背後に「ゴゴゴゴゴ」という擬音でも入れたら似合いそうだ。あまりの迫力に、思わず正直に答えてしまう準一。

 すると美貌の令嬢は「騙したんだ?」とくすっと微笑んだ。何となく今後の展開を察して、捕虜となった男は愛想笑いを浮かべた。「ま、待て、待つんだ優姫」「違うでしょ」にっこり笑った少女は、手にした鞭を両手で引っ張り、「ぴしぃっ!」と音を立てさせた。鋭い音が、寝室の空気を切り裂く。「『高貴で美しく薔薇のように優雅な片桐優姫様』でしょ?」「お、お待ちください、高貴で美しく薔薇のように優雅な片桐優姫様!」卑屈男は間髪入れずに、一言一句間違えずに即答した。

 心の中で何かが警告音を立てている。しかも最大音量だ。一方、優姫はますます優雅に微笑みながら、こう告げた。「待たないわよ。覚悟は、出来ているわね?」部屋の衣装棚から黒革の長手袋とブーツを選びながら、高貴なドミナスはペロリと舌舐りをする。衣装は黒で統一されており、彼女が着ているのはワンピース型のレザービスチェだ。フリルはついているのが辛うじて可愛いらしいが、全体的には小悪魔的な背徳感が漂う。

 特に股間の食い込みは露骨で、恥毛の薄い優姫でなければ色々と見えてしまっていたはずだ。ある意味、貴重な光景と言えなくもない。「あ、あの優姫・・・・さん?」「おだまり」見事にボンテージファッションを決めた、本物の令嬢。あどけない美貌には、残虐な輝きが宿っていた。「ふふっ、どうしてあげようかしら。どんな風にお仕置きされたい?」仰向けに倒れた準一に、ゆっくりと少女が覆い被さってきた。冷えた素肌に、元フィアンセのぬくもりが心地よい。だが今はそれどころではなさそうだ。

 「どうしてあんたは、いちいち自分の行動にオチをつけないと気が済まないのかしらね。天然の道化なの?」「いや、そ、そういう訳では、あうぅっ!?」グリっ、グリグリっ!鞭のグリップが、萎えてしまった陰茎をこね回す。痛みよりも快感の方が大きく、少年のペニスはみるみるうちに勃起してしまう。勿論、嗜虐に染まったお姫様は、それを見逃さなかった。

 「なあに、これは?自分の立場がわかってないのかしら、この変態男」よく通る美声が、甘い罵倒を準一の耳朶に吹き込む。根っからのマゾ男は、それだけで激しく興奮してしまい、期待に胸が高鳴る。ギュッ!勃起が不意に、強い力で握りしめられた。光沢のある革手袋の感触が、ペニス全体を包み込む。痛みに近い刺激が海綿体を突き抜け、被虐の悦びを震わせた。

 「うっ、おおぅっ!」少し乱暴な愛撫だが、その中にも優しさのようなものが感じられる。ひょっとしたらこれは、彼女なりの好意なのだろうか。「ほら、考え事しない。私を騙した報いは、たっぷり受けてもらうわよ」それを聞いて真性のM男は「いやその、何て言うか、我々の業界ではごほうびです。」と答える。

 ボンテージ令嬢は「そう?じゃあもっと、『ごほうび』してあげるわ」と言います。ここからは手と体を舐める等なので省略します。

 「もう、これじゃお仕置きににならないじゃない。この、ヘ・ン・タ・イ」・・・・「「ねえ、どうすればお仕置きになるのかしら?色々思いつくんだけど、あんたみたいなMには、どれもごほうびになっちゃいそうなのよ」くすくす笑いながら、小柄な女王様が準一の全身を舐め回す。・・・・ムニュ、フニ、ニュルルっ・・・・。
 
 玉袋の中の睾丸を手で柔らかく揉みしだかれると、血行の良くなった生殖器にじんわりと快感が広がっていく。性的な刺激とは少し違うが、射精したいという欲求が急速に高まってきた。もじもじと、落ち着かない様子で脚を動かす準一。

 なんとかして腰を使っての快感を増やしたいものだが、優姫にしっかりを押さえ込まれていて動けない。そんな元恋人の様子に、サディスティックな令嬢が冷たく微笑む。「どうしたのよ。何かおねだりがあれば、言ってみれば?」

 どうせ聞き入れてもらえないと思いながら「あの、えーとですね、い、イカせて欲しいかなーって」と言う少年の声は尻すぼみになってしまう。優姫女王様から「いいわよ」の言葉を聞き一瞬、希望に満ちた表情を浮かべる準一に、「ただし」と無邪気な笑顔を浮かべて「あんたみたいな男のオチンチンなんて、触りたくないわ。勝手に射精しなさい」と言った。

 それに対して準一は「ちょ、無理だから!手が使えないし、おいちょっと優姫!」と泣つく。優姫は「優姫様でしょ?このM奴隷」M奴隷は「お、お願いします優姫様っ!口でも手でも何でもいいから、射精させて下さい!」とプライド全てを投げ捨てて懇願する。「やだ。だってそれ、私のお尻に入ってたヤツじゃない。触るなんて嫌よ。」と妙なところで優姫様は冷静だった。ただし彼女は、こう付け加えるのを忘れなかった。
 
 「でも、そうね。足でなら、触ってあげてもよくってよ。」くすくすとサディスティック美少女は。明らかに、それが準一にとって「ごほうび」であることを見越している。勿論卑屈男は、一瞬の躊躇もしなかった。「寧ろそれでお願いします、優姫様っ!」「うん、よろしい。素敵なのはいいことだわ」

 小生意気な元フィアンセを屈服させて、満足したのだろうか。やけに御機嫌な様子で、優姫は立ち上がる。片脚をブーツから抜くと、蒸れた素足の抜けるような白さが薄暗い空間に浮かび上がる。「じゃあ、私の足でイっちゃうといいわ。でも本当に、足なんかでイケるのかしらね」

 ピクピクと期待に震える勃起に、少女の小さな素足が無造作に触れる。次の瞬間、柔らかな足裏が肉棒をソフトに踏み倒した。ムニュウっ!優姫の土踏まずと、準一の腹筋との間に、怒張が挟み込まれる。強烈な圧迫感と心地良さに、マゾ奴隷の頭が真っ白になった。「ううぅっ!」ムニっ!グニュっ!ムニュルっ!グニグニっ・・・・!無邪気な足が、遠慮なく肉棒を踏みつける。

 痛みは全くないが、男性の象徴を踏まれる屈辱感が、ゾクゾクするような興奮を掻き立ててしまう。「何よもう、あんたのM根性には底がないの?どんどん硬くなってきてるじゃない。それにほら、こんなにおつゆが出てきてる」

 優姫の言葉通り、少年の逸物は限界以上に勃起しており、先端からは失禁したようにカウパー液が溢れ出していた。見上げれば、うっとりと目を細めた嗜虐美少女の微笑。目映いほどの美脚が、許嫁だった男の股間を押さえつけている。

 抜けるような白い太ももには、股間から溢れ出たと思われる透明な液体が糸を引いていた。愛液の筋が、ネットリとふくらはぎの辺りまで垂れていく。グイっ、グイっとペニスを扱きながら、足コキ令嬢は愛撫を加速させる。根元から先端へ、搾り出すように男根を踏みつける。

 先走り液のぬらつきで、肉棒も足裏もヌルヌルだ。潤滑な往復運動が、お預けをくらっていた一物に活力を与えていく。「ふって、くぅっ、うおっ!ま、待っ・・・・出っ・・・・!」容赦のない責めに、今にも一物が爆発しそうだ。陰嚢から送り出されたスペルマが、尿道の中いっぱいに詰め込まれている。

 乙女の足裏は尿道を扱き続けており、先走り汁の中に白く濁ったものが混じりだしていた。準一は必死になって快感を制御しようとするが、たっぷり焦らされた後のペニスは快感に飢えている。おまけに優姫の足コキ責めという極上のSMプレイだ。

 心臓が止まりそうなほどに興奮してしまい、快楽の渦に意識が飛んでしまいそうだった。そんな哀れな下僕を、嗜虐の姫君が嘲笑と共に見下ろす。充血した海綿体を踏みつけながら、「もう出ちゃうの?だらしないわね、まったく」と甘く囁き、わざとらしく溜め息をついて見せながら、可憐な少女はサディスティックに足の力を強めた。

 単に踏みつけるだけでなく、足の親指と人差し指でペニスを挟み、ヌルヌルと扱き立てる。「まあいいわ。ほら、さっさと射精しちゃいなさいよ、この変態」ヌリュっ、ズニュっ、ヌチっ、ヌニュニュニュっ!急加速した足コキ責めが、射精直前の男根を襲う。

 強い圧迫で鬱血したペニスが、急性なスピードで脈打ち始めた。頭の芯が痺れて、全身がカッと熱くなる。足指が雁首を扱く。その瞬間、まるで堰を切ったように白濁液が迸った。「ぐっ!うっ、うあああぁっ!!」ビュルっ!!ビュクビュクっ、ドビュルルルっ!!ビュビュウゥ━っ!!足指に押さえつけられた男根から、凄まじいスペルマが噴き出す。

 さっきの射精が嘘のように、二度目の放出は激しかった。煮詰めた糊のようなザーメンが、若者の腹筋をドロドロと汚していく。「うわ、凄い・・・・どこでこんなに作ってるのよ、こんな・・・・いやらしいの・・・・」ゴクリと唾を呑んで、優姫が呟く。

 ごしごしと足でペニスを扱きながら、眼下の光景に目を奪われている様子だ。その間にも、少年は射精し続けていた。灼熱のパルスに身の心も灼かれながら、狂ったように精液を虚空に放つ。ビュブブっ、ドビュっ、ビュルルっ!!ビュクンっ!!ビュっ、ビュビュっ!!「あっ・・・・ぐ・・・・うあ、あ・・・・」許嫁の足コキ責めで射精させられ、しかもその光景を見られている。

 被虐心が胸いっぱいに満ちてきて、興奮で頭がおかしくなりそうだ。のたうつ準一の耳に、元フィアンセの呟きが届く。「私のお尻に、こんなのいっぱい出したのね・・・・ゆ、許さないんだから・・・・」少女の声は、明らかに熱い潤いを帯びていた。

 微かな吐息までも、どこか艶かしく卑猥だ。その声だけで、少年はまた射精してしまう。最後の一滴を放ったときには、卑屈男は息も絶え絶えに疲労していた。スペルマは胸の辺りにまで飛んでいたが、大半は優姫の足裏をたっぷりと汚している。彼女が足を持ち上げると、白濁した粘液の糸がデロリと垂れ下がった。

・・・・となります。この後一緒に寝転んで記憶関連の話をして準一が鞭で叩かれるというM野郎の悲鳴がラブホの一室に虚しく響き渡り第3章終了です。ここに書いたことは、省略、表現を多少変更しています。以上優姫編でした。
準一、優姫が準一に対してだけの記憶がないのをいいことにラブホに連れて行くなんてチャレンジャーですね。それに目隠し拘束アナルレイププレイなんて記憶が戻ったら・・・ガクブルものなんじゃあと思いましたね。それにしてもあかね色に染まる坂3巻とも拘束足コキプレイでしたね。Mには最高のシチュなんでしょうね。なごみ編・タオル 湊編・金属製の手錠 優姫編・金属製の手錠 となっています。 byPーキタロウさん



◆管理人の足コキ感想

 まず、実物を持っていない管理人の為にテキストを贈ってくれたPーキタロウさんに多大な感謝♪

 この足コキは良いですね!他のヒロインより過激度がアップ。特に足コキ描写には十分に満足しました!特に射精前後の描写には興奮度MAXです。
 そして言葉責めの数々・・・・脳内アフレコは風音さんでも釘宮理恵さんでもどちらでも大興奮(●^o^●)
 他にも割愛されてるエッチシーンも良さそうですし、他の場面のエッチも過激な予感。現在は定価よりも高いプレミア価格になっているみたいですが、ぜひ手に入れたい一品です。
 足コキ満足度は★4つです!




この記事に対するあなたの感想は?
ぜひ、コメントをお寄せください。

「あかね色に染まる坂・片桐優姫の恋色 足コキ感想」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
シャーマンキング(アンナ様)の足コキ小説 紹介 (2007/06/10)
暁の護衛〜プリンシパル・ツキ〜 足コキ感想 (2012/02/13)
あかね色に染まる坂 白石なごみの恋色 足コキ感想 (2012/05/03)

コメントの編集

秘密にする

トラックバック

http://ashikokimaster.dtiblog.com/tb.php/882-1712df32

 | HOME | 

プロフィール

td_tk

Author:td_tk
・重度の二次元フェチ
・極度の脚フェチ
・末期のロリコン

since2006/10/02〜
旧「足コキ好きが集まる部屋」

※特別リンク※
足コキ同人誌情報募集ページ
よろしくお願いします。

足舐めシーンのある作品 まとめ
よろしくお願いします。


mixiに参加してます。
マイミク募集中。
招待状も喜んで♪



上部のアダルト広告はDTIブログの仕様なので消せません。管理人は推奨してないので間違って押さないようお願いします。

掲載されている画像は参考資料ですので著作権を侵害するものではありません。また、満足度は管理人の個人的な評価です。時には辛口のコメントもありますが作品を批判しているものではありません。

満足度について
★・・・・・・・実際にプレイするより画像で妄想して興奮した方が良いです。

★★・・・・・・悪くない足コキなんだけど、何か物足りない。もしくは自分に合わない感じ。

★★★・・・・・足コキとしては管理人が普通に満足するくらい。一応標準レベルに設定。

★★★★・・・・かなり満足。足コキ目的でプレイする価値あり。良い足コキです(>_<)

★★★★★・・・かなり大満足。永久保存したいくらい。何回プレイしても興奮するはず。


当ブログはリンクフリーです。

管理人へのご意見・ご感想は
td_tk★hotmail.co.jp まで。


カテゴリー


リンク


最近のコメント


最近のトラックバック


人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事
管理人が知っている足コキのある18禁アニメのまとめ...(→続き)
第2位
最も人気のある記事
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら...(→続き)
第3位
最も人気のある記事
足コキのある体験版のまとめのページです。 新...(→続き)
第4位
最も人気のある記事
管理人が知っている2012年11月発売の  ...(→続き)
第5位
最も人気のある記事
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら...(→続き)
第6位
最も人気のある記事
・作品名 エルフオールスターズ脱衣雀3 ・メー...(→続き)
第7位
最も人気のある記事
◆作品名 歌月十夜 ◆メーカー TYPE-MOO...(→続き)
第8位
最も人気のある記事
足舐めシーンのある作品をまとめていきたいと思います...(→続き)
第9位
最も人気のある記事
管理人が知っている2013年07月発売の  ...(→続き)
第10位
最も人気のある記事
◆作品名 巫女さんといっしょ!〜イケナイご奉仕奮戦...(→続き)

RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

検索フォーム


Picasaアルバム


Twitter

TweetsWind

足コキゲーム応援バナー


フリーエリア


close